2024年 令和6年 展覧会案内

       


同じ刻を生きる作家展9


6月4日(火)~9日(日) 

10:0018:00(最終日16:00


場所/京都市美術館 本館2階 南東エリア

京都市左京区岡崎円勝寺町124


お時間がございましたら是非お立ち寄りくださいませ。

何卒よろしくお願い致します。



#絵画#アート#art##日本#



 

 

自然物や水の美しさに魅かれています。

 

どの瞬間も空間も

美しい

この事を絵画の中に現したい

 

 

18回湖国を描く展出品
2013年 F50号 
2015制作 F8号
2015制作 F8号
2014年制作 F8号
2020 F50 TYK出品
2020 F50 TYK出品

2011

シークレットガーデン

各90×90センチ

パネルに紙、墨、アクリル


2013年 F50号
2013年 F50号
京展出品
2013年 100号S-2


岡倉天心の「茶の本」、時々読み返しては自分自身を見つめなおしてます

 

洋の東西を問わず、巨匠たちは、観客を自分の秘密にひきずりこむ手段として暗示の価値を忘れることはなかった。
それに比べ、今日あふれている凡作のよそよそしいことはどうだ。
傑作には、人の心の温かな流れが感じられるのに対して、凡作には、ただ、形ばかりの表現しか見当たらない。

他の言葉は下の画像クリック

岡倉天心の言葉はコチラから
岡倉天心の言葉はコチラから